汚れは落としつつお肌に刺激のないクレンジング

メイクをしたあとにはクレンジングをしなくてはいけませんが、メイクはしていない日にでもウォータープルーフなどの強力な日焼け止めをつかった日にはやっぱりクレンジング剤って必要になりますよね。

 

クレンジング剤をつかって洗顔をすると、ダブル洗顔が必要になったりしてお肌が乾燥したり、肌荒れの原因になったりすることもあります。

 

だからといって、簡単に落とせるタイプのメイクや日焼け止めをつかっていると、落としたくないときにでも汗とか皮脂によって落ちてしまう心配もありますから、クレンジング剤はやはり必要かなと感じています。

 

そこで重要なポイントになるのが、お肌にやさしいクレンジングを選ぶということになるとおもいます。

 

ただしお肌にやさしいクレンジングとは言っても、お肌にやさしいだけでしっかりと落としたいものが落とせていないというものも困りますよね。

 

なかにはクレンジングなのにお肌に潤いまであたえてくれるといった商品もありますが、実際に使用してみても正直効果はよく分かりません。

 

クレンジングでお肌に潤いまでは高望みかなとも思うので、せめてお肌に刺激をあたえずに、メイクや汚れはきれいに落とせるクレンジングというのが私の理想です。

 

お尻ニキビの悩み解決

ニキビ対策にもクレンジングは大切です

 

化粧をしたのはいいけれど、落とすのが面倒だと感じる人は多いと思いのではないでしょうか。

 

そんな私も、帰宅が遅かったり、ましてやお酒を呑んで帰宅した時などは、適当にクレンジングをしたり、時には化粧を落とさず寝てしまうこともあります。

 

しかし、そんな日の翌日の肌はやっぱり化粧のりも悪いんです。

 

しかも、適当にクレンジングをした日が続くとニキビが出現してしいまうので、ニキビを作らないためにも化粧とクレンジングはワンセットと考えるようにしましょう。

 

クレンジングは、強くこすれば落ちるというものではありません。

 

逆に強くこすりすぎると、お肌を痛める原因になります。

 

優しくマッサージをするような感覚で行うことが大切です。

 

また、クレンジングには、様々なタイプのものがありますが、クリームやリキッドタイプのものを利用した場合、マッサージをしていると、急に軽くなる感覚を指先に感じることが出来ます。
これが、化粧がクレンジングになじんだというサインです。

 

この感覚になるまでマッサージを行わないと、化粧は落ちていない状態なので、しっかりここまでクレンジングを行いましょう。

 

洗い流すタイプやふき取りタイプがありますが、どちらにしても、お肌を強くこするのではなく優しく包み込むように行うことがポイントです。

クレンジングの方法について

 

私のクレンジング方法は石鹸のみです。

 

前は化粧を落とす時にはクレンジング液を使い、その後また洗顔してしっかり落としていました。

 

しかし今はミネラルファンデーションというのを使っているので、クレンジングは石鹸のみで大丈夫になったのです。

 

ミネラルファンデーションは鉱物だけを原料にしていて、界面活性剤や防腐剤などが入っていないことが特徴です。

 

濃いメイクにはあまり向いていませんが、ナチュラルメイクにはぴったりのアイテムです。

 

ミネラルファンデーションは専用のブラシを用いて粉を顔全体に塗っていきます。

 

自然に綺麗に顔をカバーできるのでとても気に入って愛用しています。

 

何より嬉しいのがクレンジングを石鹸のみでできることです。

 

クレンジング液を使いすぎると肌が荒れるような気がしていたので、これだと化粧の後に石鹸で顔を洗うだけで落とせてしまいます。

 

万が一化粧を落とせなかった時でも大丈夫なくらいの安心なファンデーションらしいです。

 

私はクレンジングを石鹸のみにしてから肌が綺麗になってきた気がします。

 

お金もかからず肌にも良いので最高です。

 

これからもミネラルファンデーションを使い、石鹸でクレンジングをしようと思っています。

正しいクレンジングのために大切なこと

 

正しいクレンジングを行うには、まずクレンジング選びが重要になります。

 

クレンジング料には界面活性剤が多く含まれています。

 

界面活性剤は肌にとって好ましいものではありません。

 

メイクを落とすためには必要ですが、界面活性剤があまりに多く入っているものは、選ばないほうが吉です。

 

だからといって、界面活性剤が入っていなかったり、少なすぎたりすると、メイクをきちんと落とせません。

 

メイクやクレンジングが落とせず残れば、肌トラブルを引き起こしかねません。

 

このように、クレンジング選びは少々難しいわけですが、比較的バランスがとれていると言われるのは、クリームタイプのものです。

 

クリームタイプのものは、クッション性があるので、肌を擦ってしまうことも少なくて済みます。

 

また、ファンデーションと同じメーカーのものを選ぶのも、おすすめです。

 

クレンジングの際には、肌への負担を最小限にできるよう、手早くメイクを落とすことが大切になります。

 

小鼻の黒ずみを解消しようと、クレンジング料をクルクルと時間をかけて馴染ませることがありますが、おすすめできません。

 

肌への負担が増えてしまいますし、黒ずみも解消できません。

 

黒ずみには脂質も含まれますが、多くはタンパク質なので、クレンジングで溶けるようなことはありません。

 

このようにクレンジングは手早く行って、次の洗顔に進みましょう。